鶴亀堂のとんこつ

名古屋にいながら、博多の本格的なとんこつラーメンが食べられるのが鶴亀堂です。名古屋といえば、とんこつと魚介のWスープが有名で、スタンダードといってもいいでしょう。しかし、この流れに真っ向勝負しているのが、鶴亀堂のスープです。

豚骨ラーメン鶴亀堂のスープは、博多ではスタンダードといえる濃厚なとんこつスープになっています。しっかりと煮出して作られているとんこつスープは、はっきりとした濃い味わいを持っていますが、脂を使ってこってりさせたりはしません。大量のとんこつを使い、天然素材にこだわって作られていくスープは、芳醇な香りを持っています。フレッシュな旨みは鮮度を感じられるほどすっきりとしており、濃厚でクリーミーな味わいという、博多独特の味わいです。

このスープを受け止めるためにも、麺は博多直送で独特の腰のあるものを使っています。豊潤でクリーミーなスープには、超極細麺が似合うのは、博多を見れば証明されていることでしょう。だからこそ、直送の面にこだわり、独特の風味を生み出しているのが鶴亀堂です。毎日取り寄せて使っている麺は、スープとの相性もばっちりですので、一度食べれば病みつきになり、また繰り返したくなるのです。

如水の塩ラーメン

名古屋にはさまざまなラーメン店がありますが、Wスープで塩味といえば、如水が真っ先に挙げられるでしょう。Wスープといっても、とんこつを使っているわけではありません。魚介のWスープを使っており、あっさりとしながらも、濃厚な味わいを楽しめるように仕上がっています。

食べている姿如水の最大の特徴といえば、化学調味料を一切使わないところでしょう。完全無化調であり、天然素材の旨みだけで作られていくスープには、雑味を感じることがありません。このスープがあるからこそ、如水の名前は名古屋で知らない人はいないといえるほど浸透したといえます。魚介のWスープには、かつお節とサバ節が使われており、とても濃厚な味わいで完成しているのが特徴です。余計な具は乗せておらず、シンプルなチャーシューとめんまだけが具材となっているのも、他のラーメンとは明らかに異なるところでしょう。

如水のラーメンは、なにか味がはっきりと押し出してくる味わいではありません。化学調味が使われていないからこそ、穏やかに広がっていく旨みを楽しむことができるのですから、他には存在しない味わいです。独特の味わいを持っているからこそ、名古屋のラーメンとしては外すことができないでしょう。

独特のラーメン文化

食は、その土地独特の雰囲気を持っています。文化でもあり、土地ごとにさまざまなかたちが生まれ育っていくからこそ、独特の進化を遂げるでしょう。ラーメンは、土地の文化から強い影響を受けます。土地ごとに好まれる味わいがあり、その土地で育っていくからこそ、他にはない味ができあがるからです。特に名古屋には、味が濃い傾向あり、他の地域には見られない食文化が存在しています。

魚介名古屋のラーメンといえば、Wスープがあげられます。とんこつと魚介類を合わせて作り上げる独特の作りですが、濃い味わいを持ちながらも魚介がさっぱりと仕上げてくれる旨みがあるスープです。ですが、Wスープはこれだけではありません。もっと独特の進化を遂げて、魚介系Wスープも生み出しました。塩で味わったときには、このWスープの旨みには驚いてしまうでしょう。濃い味の文化の名古屋だからこそ生まれた、強い旨みのスープができあがるからです。

Wスープがもてはやされる一方で、スタンダードな博多ラーメンの流れをくむ名店も存在します。濃厚なとんこつスープを使いながらも、脂でこってりさせるのではなく、旨みを凝縮させたスタイルは、博多屋台の流れを汲んでいることがわかります。一度食べれば病みつきになるうまさを持っており、名古屋のラーメンでも一線を画するといえるでしょう。こうした文化が楽しめるところも名古屋らしいところであるのも確かです。うまいものに目がない地域だからこそ、参考にしながら食べ歩いてみてはいかがでしょうか。